院長 浅利知輝(あさりともき)

  略歴

1996年 東京大学医学部医学科卒                               1996-97年 東京大学医学部附属病院精神科研修医
1997-99年 国立国際医療研究センター精神科研修医(内科、麻酔科、産婦人科などを1年半ローテート)
1999-2000年 国立国際医療研究センター 精神科レジデント
2000-2002年 福井記念病院 常勤医師
2002-2006年 東京大学大学院医学系研究科博士課程在学。統合生理学教室にて、機能的MRIを用いて、ロールシャッハテスト、ウィスコンシン・カード・ソーティングテストなど心理検査の神経基盤を研究
2006-2007年 東京大学大学院医学系研究科特任助教
2009年 医学博士号取得
2007-2018年3月 福井記念病院常勤医師
2017年1月 EMDRサロン五反田開設
2018年4月 マディヤーマ・メンタルクリニック川崎開設

  資格・トレーニング歴

精神保健指定医
日本精神神経学会認定精神科専門医
米国ヨガアライアンス認定ヨガインストラクター
EMDRウィークエンド2修了
TFT(思考場療法)・診断レベル修了
自我状態療法シーズン2修了
ソマティック・エクスペリエンシング中級修了
ブレインジム101修了、OBO修了、インデプス修了
タッチフォーヘルス・レベル4修了、五行メタファー修了
ホログラフィートーク・ベーシック修了
ボディコネクトセラピー コアスキルトレーニング修了

  所属学会

日本精神神経学会
日本EMDR学会
日本臨床催眠学会
日本催眠医学心理学会
日本認知・行動療法学会
包括システムによる日本ロールシャッハ学会


精神保健福祉士 横岸澤美行(よこぎしざわ みゆき)

略歴

東洋大学社会学部社会学科卒業。学生時代より学童保育に通う自閉症児の担当指導員のアルバイト。
1996年~2001年「志木市ふれあいの家福祉作業所(埼玉県志木市)」(常勤指導員)
1998年「志木市ふれあいの家福祉作業所」の第2作業所として「カナリア工房」設立。在職中「きょうさ連」(全国共同作業所連絡会)埼玉支部長、志木市障害者計画策定委員精神障害者部会長歴任。
2001年~2003年 久喜すずのき病院(常勤精神保健福祉士)
2006年~2007年 横浜市総合保健医療センター 宿泊型施設訓練施設(非常勤)
2011年~2017年 川崎市健康福祉局 生活保護自立支援室(非常勤)。生活訓練支援センターカシオペア、精神保健福祉センターに出向。精神科病院に長期入院している患者さんの退院を多数支援。

海外研修
2004年 オーストラリア(アルバニー)精神障害者サポートセンターFellow ship houseにて3ヶ月間ボランティア。
2010年 イギリス(ロンドン)精神障害者サポート団体The Stuart Low Trustで2ヶ月間ボランティア。


資格・トレーニング歴

精神保健福祉士
SST初級リーダー養成講座修了
相談支援専門員
障害支援区分調査員
食品衛生管理者

自己紹介

福祉分野以外の職業経験(営業、事務など)も多数ありますのでお仕事に関するお悩みやご相談もお気軽にお申しつけ下さい。

臨床心理士 稲永澄子(いななが すみこ) (非常勤)

  略歴

1970年 聖心女子大学文学部教育学科心理学専攻卒
1972年 東京都立大学人文科学研究科心理学専攻修士課程修了
1972年~1976年 川崎市立社会復帰医療センター(心理職)
1980年~2018年 (公財)住吉偕成会住吉病院(心理職)
2011年~ カウンセリングオフィス・ハートフル所長
2011年~ 学校法人身延山学園身延山大学非常勤講師
2011年~ 文部科学省 スクールカウンセラー
2012年~ 山梨ダルク理事
2018年~ 山梨県立北病院アルコールプログラム講師

  資格・トレーニング歴

臨床心理士
EMDR パート2修了
ホログラフィートーク・アドバンスト修了
ブレインスポッティングPhase2修了
自我状態療法シーズン2修了
TFT診断レベル修了
ソリューション・フォーカスト・アプローチ初級修了(神戸SFA研究会)
臨床催眠中級修了(日本臨床催眠学会)
タッチフォーヘルス・レベル1修了
ブレインジム101修了、170修了
ビルディングブロック・アクティヴィティ修了
東京認知行動療法アカデミー認定カウンセラー
ソマティック・エクスピリエンシング中級修了
条件反射制御法実地研修修了
ボディコネクトセラピー コアスキルトレーニング修了

  自己紹介

精神科病院での勤務歴が40年以上あり、アルコールや薬物、ギャンブル、DVなどのアディクション臨床、精神病、パーソナリティ障害、神経症などの精神科臨床の経験が豊富です。近年は、発達障害、トラウマ関連障害、性被害を受けた方のご相談もお受けしています。方法は、人間学的心理療法、精神分析的心理療法を経て、現在は、ソリューション・フォーカスト・アプローチ、認知行動療法、EMDR、身体志向アプローチ等を状態に応じて統合的に用います。精神科の標準治療で改善しない方、心理療法を試してみたい方のお力になりたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

臨床心理士 増倉倫子(ますくら みちこ) (非常勤)

  略歴

1989年 横浜市立大学文理学部文科国際関係課程卒業
外資系企業での海外勤務などを経て
2009年 慶応義塾大学 通信教育課程 文学部第1類人間関係学 卒業
2011年 首都大学東京 人文科学研究科 臨床心理教室 博士前期課程修了
2011~2013年 中野区子ども家庭支援センター 子ども家庭相談員(非常勤)
2014年 神奈川県教育委員会スクールカウンセラー
2016年~現在 首都大学東京 非常勤学生相談員

  資格・トレーニング歴

臨床心理士
家族心理士
EMDRウィークエンド2修了
自我状態療法 シーズン2修了
ブレインスポッティングPhase II修了
ボディコネクトセラピー コアスキルトレーニング修了

  自己紹介

お困り事を共に考え、また少しでも軽くなるためのお手伝いができればと思っております。まだまだ未熟ではありますが、よろしくお願いします。

ri


番外編

淡路島に当院スタッフ集結しました!

自我状態療法の世界的指導者であるハルトマン博士が南アフリカ共和国より来日し、2018年7/13~15、淡路島でワークショップを開催。当院の医師・臨床心理士全員が参加しました。博士の熱のこもった指導に、スキル向上への意欲を新たにしました。


ポール・デニッソン博士直伝のインデプス講習に参加しました!

ブレインジムの創始者であるポール・デニッソン博士が来日し、2018年10/6~10の間、東京の日暮里でインデプス講習を開催しました。おそらく80歳近い御高齢のはずですが、それを全く感じさせぬエネルギッシュな指導に驚嘆するとともに、お人柄の暖かさと、本物だけが持つ凄みに触れることができて、幸せな5日間でした。